東大卒の大学受験勉強法ブログ

東大京大早慶など難関大志望者向け対策法を紹介。

【書評】『ドラゴン桜2』の「スマホで東大合格」は本当か

ドラゴン桜2』の単行本は必読

ドラゴン桜2』の単行本が発売されています。
すでに読んでいる方も多いと思いますが、まだ読んでいない人は絶対読んでおきましょう。
読む人と読まない人で差がつきますから。

ドラゴン桜2(1) (モーニング KC)

ドラゴン桜2(1) (モーニング KC)

スマホで東大合格は本当か

ドラゴン桜2』第1巻では、スタディサプリで東大合格しようということを訴えています。
確かに、安価でどこでもいつでもスマホで授業が受けられることは意義があると思います。

ただ、結論から言えば、まだまだ東大合格にスマホは重要ではありません。
東大合格を効率的に実現するのに重要なことは、「東大に特化した対策」です。
しかし、スタディサプリは東大に特化しておらず、東大受験に重要でないものも含まれます。

また、歴史科目のようにストーリーが重要な科目は映像授業の効能が高いと思いますが、
ほとんどの科目は参考書・問題集のほうが時間がかからず、インプット効率がよいです。
しかも、入試問題は文字との闘いであって、速読できるよう文字に触れておいた方が有利だと思います。

念のためですが、下記の記事でも書きましたが、歴史科目であっても、
スタディサプリはまだクオリティは低く、
映像授業としては東進の荒巻が優位でしょう。

ojuken.hateblo.jp

ドラゴン桜2』は批判的に読もう

ドラゴン桜2』はどちらかというと、
実用的というより「変わる教育」をテーマに書かれた作品として読まれたほうがよいと思います。

初代『ドラゴン桜』はこれまで蓄積されていたノウハウを紹介してきたので実用的であったのに対し、
ドラゴン桜2』はこれからの予想・予測であって、内容が妥当かは不透明です。
ドラゴン桜』よりは内容を批判的に考えながら読むべき点は注意すべきだと思います。